臭い対策ネットワーク
2019.01.26 新宿対話オフ会を開催します

TOP > 口臭 > オーラルリンス

セラブレスとプロフレッシュを比較

オーラルリンスの中で人気のある「セラブレス」と「プロフレッシュ」について比較していきます。 まずは口臭対策グッズ、オーラルリンスの中で何故セラブレス、プロフレッシュが良いのかを説明します。

刺激の強いアルコール不使用

ドラッグストアなどで市販されている一般的なオーラルリンスにはアルコールが入っていることが多いです。 アルコールの殺菌作用により、一時的な口臭予防にはなりますが、アルコールの強い刺激により口臭が悪化することがあります。
アレルギー体質であったり、口内炎ができやすい等の口腔内過敏な人や、ドライマウスや緊張により口腔内の乾燥している人は、 これらの口腔内過敏、乾燥の症状を悪化させて余計に口臭が出やすい状態になってしまうおそれがあります。

塩化系洗浄で臭いを抑制

セラブレス、プロフレッシュは洗浄成分として塩素系の製剤を成分としています。 基本成分として亜塩素酸ナトリウムが利用されています。亜塩素酸ナトリウムは漂白剤の成分として利用されることが多いです。 塩素の働きにより、口臭の原因と言われている硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性硫黄化合物を分解して臭いの原因を解消してくれます。

成分比較表

それでは、セラブレスとプロフレッシュについて詳しく比較してみます。 セラブレスとプロフレッシュの成分について表にまとめてみました。
セラブレスプロフレッシュ
画像
内容量473ml500ml
溶剤
洗浄剤亜塩素酸Na亜塩素酸Na
次亜塩素酸Na
可溶化剤PEG-40-
安定化剤EDTA-4Na-
防腐剤安息香酸Na安息香酸Na
清涼剤セイヨウハッカ油-
pH調整剤炭酸水素Na
水酸化Na
クエン酸
炭酸Na
価格2,100円〜2,835円〜
基本となる成分はだいたい同じですが、洗浄剤と清涼剤に違いがあります。 セラブレスのEDTA-4Naには界面活性剤が含まれています。

消臭効果が強いプロフレッシュ

プロフレッシュを購入すると、ボトルの他にA液(クエン酸、安息香酸ナトリウム)とB液(次亜塩素酸ナトリウム)が付いてきます。 これらを混ぜることで、二酸化塩素が発生します。 この二酸化塩素にも殺菌作用があり、消臭効果があります。 そのため、プロフレッシュはセラブレスよりプロフレッシュのほうが期待できます。 とにかく、消臭効果が強いほうが良い、という場合はプロフレッシュを利用したほうが良いでしょう。 また、次亜塩素酸ナトリウムは、水道やプールの殺菌にも利用されています。

プール消毒のような独特な臭い

プロフレッシュには次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。 次亜塩素酸ナトリウムは上水道やプールの消毒に利用されています。 プロフレッシュはこの消毒液、漂白剤のような独特な臭いが強いです。 また、プレフレッシュを口に含んだときに感じる味も苦手に思う人が多いようです。 これらの臭いと味が苦手な場合は、セラブレスを使ったほうが良いでしょう。
セラブレスには独特な臭いと味があまり感じられないため、誰でも抵抗なく利用できると思います。 また、清涼剤としてセイヨウハッカ油が利用されており、使用後の爽快感もあります。 プロフレッシュでは、使用後に塩素系の臭いが残ってしまうため、逆にこれが口臭への不安を大きくしてしまう場合があります。

結論

臭い対策ネットワーク は口臭・鼻臭・体臭・腋臭・ガスなどの臭いで悩む人のための交流サイトです
臭い対策ネットワーク
口臭 鼻臭 体臭 腋臭 過敏性腸症候群IBSガス型 オフ会 SNS

オフ会
東京オフ会 in 新宿
in 2019/01/26(土)
2017/10/31(火)
ザ!世界仰天ニュース
の放送で当サイトの女性の方(AKさん)が紹介されました。AKさんの臭いの体験談を公開しています。是非ご覧ください。
体験談
自臭症の体験談
SNS
臭いの悩みSNS
登録方法/ 使い方
オフ会
オフ会コミュニティ
オフ会の注意事項
アンケート
臭いに関するアンケート
NEWS
臭いに関するニュース
Contents
口臭の原因について
口臭の予防対策
口臭外来のある病院
口臭の対策グッズ
自臭症 / 膿栓
内臓(胃腸)からの口臭
口臭のサプリメント
口臭の漢方薬
鼻臭の原因のについて
鼻臭の予防対策
鼻臭の対策グッズ
体臭の原因について
体臭の予防対策
体臭の対策グッズ
魚臭症 / ミドル脂臭
PATM(パトム)
クンクンボディ
ワキガの原因について
ワキガの予防対策
ワキガ手術おすすめ病院
ワキガの対策グッズ
術後臭
ガスの原因について
ガスの予防対策
ガスの対策グッズ
ガス漏れ
Other
お問い合わせ
外部リンク
PATM+
TOP > 口臭 > オーラルリンス

セラブレスとプロフレッシュを比較

オーラルリンスの中で人気のある「セラブレス」と「プロフレッシュ」について比較していきます。 まずは口臭対策グッズ、オーラルリンスの中で何故セラブレス、プロフレッシュが良いのかを説明します。

刺激の強いアルコール不使用

ドラッグストアなどで市販されている一般的なオーラルリンスにはアルコールが入っていることが多いです。 アルコールの殺菌作用により、一時的な口臭予防にはなりますが、アルコールの強い刺激により口臭が悪化することがあります。
アレルギー体質であったり、口内炎ができやすい等の口腔内過敏な人や、ドライマウスや緊張により口腔内の乾燥している人は、 これらの口腔内過敏、乾燥の症状を悪化させて余計に口臭が出やすい状態になってしまうおそれがあります。

塩化系洗浄で臭いを抑制

セラブレス、プロフレッシュは洗浄成分として塩素系の製剤を成分としています。 基本成分として亜塩素酸ナトリウムが利用されています。亜塩素酸ナトリウムは漂白剤の成分として利用されることが多いです。 塩素の働きにより、口臭の原因と言われている硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性硫黄化合物を分解して臭いの原因を解消してくれます。

成分比較表

それでは、セラブレスとプロフレッシュについて詳しく比較してみます。 セラブレスとプロフレッシュの成分について表にまとめてみました。
セラブレスプロフレッシュ
画像
内容量473ml500ml
溶剤
洗浄剤亜塩素酸Na亜塩素酸Na
次亜塩素酸Na
可溶化剤PEG-40-
安定化剤EDTA-4Na-
防腐剤安息香酸Na安息香酸Na
清涼剤セイヨウハッカ油-
pH調整剤炭酸水素Na
水酸化Na
クエン酸
炭酸Na
価格2,100円〜2,835円〜
基本となる成分はだいたい同じですが、洗浄剤と清涼剤に違いがあります。 セラブレスのEDTA-4Naには界面活性剤が含まれています。

消臭効果が強いプロフレッシュ

プロフレッシュを購入すると、ボトルの他にA液(クエン酸、安息香酸ナトリウム)とB液(次亜塩素酸ナトリウム)が付いてきます。 これらを混ぜることで、二酸化塩素が発生します。 この二酸化塩素にも殺菌作用があり、消臭効果があります。 そのため、プロフレッシュはセラブレスよりプロフレッシュのほうが期待できます。 とにかく、消臭効果が強いほうが良い、という場合はプロフレッシュを利用したほうが良いでしょう。 また、次亜塩素酸ナトリウムは、水道やプールの殺菌にも利用されています。

プール消毒のような独特な臭い

プロフレッシュには次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。 次亜塩素酸ナトリウムは上水道やプールの消毒に利用されています。 プロフレッシュはこの消毒液、漂白剤のような独特な臭いが強いです。 また、プレフレッシュを口に含んだときに感じる味も苦手に思う人が多いようです。 これらの臭いと味が苦手な場合は、セラブレスを使ったほうが良いでしょう。
セラブレスには独特な臭いと味があまり感じられないため、誰でも抵抗なく利用できると思います。 また、清涼剤としてセイヨウハッカ油が利用されており、使用後の爽快感もあります。 プロフレッシュでは、使用後に塩素系の臭いが残ってしまうため、逆にこれが口臭への不安を大きくしてしまう場合があります。

結論


This website is link free.
Copyright(C) 臭い対策ネットワーク All Rights Reserved.